Hakuji No.3 / HIRASARA -平皿-

¥7,800

HAKUJI

A white vessel
A vessel that carries life
To make everyday living feel special,
we have created this vessel.
From the moment it enters this world,
it has been given the mission to be loved for a long time.
What a beautiful fate.


Hakuji No.3 / HIRASARA
Size: diameter 190 × height 15(mm)
WEIGHT:229g

This plate was born from the tracing of a torus and features a lovely rhythmic curve.
Simply placing food on it completes the presentation. Its size is convenient for bread, side dishes, desserts, and more.
Why not use it as a display for candles or incense, or even place palo santo or crystals on it?
It will spread cleansing energy throughout the room.



About Tsuji Seijisha
https://tsujiseijisha.jp/

Established in the Edo period, Tsuji Seijisha began its history as a public kiln when the third-generation Kiemon's work was praised by Emperor Reigen in 1668. Since then, we have channeled the joy and pride of our creations being recognized by the Imperial Household into our craftsmanship, constantly striving to make products worthy of their distinguished role. These 350 years of history are our foundation.
In today's world, values are not monolithic. People's values are becoming more diverse, and the ways of taking delight in objects are becoming increasingly liberated. It is in this context that objects of true beauty stand out.

Tsuji Seijisha is a kiln making pottery for the public. We believe just as our ancestors in the joy and wonder beautiful objects can bring, and we strive to achieve a universality that resonates with today's world by continually refining our skills.

For shipping, please choose between a paulownia wood box for gifts or paper for non-special occasions.

 

HAKUJI


白い器
生命をのせる器
日常の中の生きる営みを特別なものにしたく
この器を作らせていただきました。
器は、この世界に生まれた瞬間から
長く愛される使命が与えられています。
なんて美しい運命なのでしょう。


No.3 / 平皿
size:φ190 × H15(mm)


トーラスをなぞる事で生まれた、とても美しい曲線のリズム
食材をただそっと置くだけで料理が完成します。
バケット置きや、取り皿、デザートプレートなど、使いやすいサイズです。
インテリアとしてもキャンドルやお香の皿、パロサントや水晶を
載せるのはいかがでしょうか?
浄化のエネルギーが部屋中に広がります。


辻精磁社について
https://tsujiseijisha.jp/


江戸時代に創業し、1668年、三代喜右衛門が納めた器が霊元天皇に賞賛されたことを機に、辻精磁社は公の窯元として歩みを始めます。以後私たちは、生み出すものが公(皇室)の品として評価される喜びと誇りを技に変え、栄職に恥じないものづくりを追求して参りました。そうして蓄積された歴史は、三百五十有余年。
現代においては、価値観は一元的になることはありません。人びとの価値観は多様性にとみ、ものの楽しみ方はますます自由になっています。しかしその中にあるからこそ、真の美しさをもつ品は際立つように思います。
辻精磁社は公に向けたものづくりを手がける窯元です。先代達が成してきたように、美しい品が与える喜びと驚きを信じ、今の時代にも通ずる普遍を目指し、研鑽を積んで参ります。

※配送時の梱包は、贈答用の「桐箱」または、普段使いの「紙」からお選びください。